支部50年の歩み

昭和26年4月 東京地方税理士会、千葉県会、松戸部会創立。
戦後の税制整備の中、この7月に税理士法が施行され、松戸部会は会員の団結、税理士の社会的地位の向上を図るため発足。
昭和32年 この頃の会員数は18名。研修会、旅行等は全員出席。
昭和37年 税理士制度が制定されてから20周年を迎える。
昭和43年 税理士登録は二万人を超え組織として充実が必要とされる。
昭和50年 松戸部会が80名の多数となる。
(松戸支部通信)ガリ版で第一号を発行。
昭和51年 ゴルフ愛好会が発足。
昭和52年 4月 東京地方税理士会、千葉県支部、松戸部会から、東京地方税理士会、千葉県会、松戸支部となる。
支部広報もガリ版刷りからタイプ印刷へ。
昭和55年 9月 改正税理士法が施行
10月 支部事務局開設。
支部広報が(松戸支部広報)に変更されるとともに上質紙印刷となる。
昭和57年 柏税務署誕生により支部分割。
柏支部へ128名移籍。松戸支部会員166名。
ひばり会(カラオケ同好会)が発足。
昭和59年 現在まで広報誌掲載の続いている新春放談会始まる。
囲碁同好会、釣り同好会発足。
昭和62年 天皇陛下御病気の為、支部旅行取り止め。
松友会発足。
平成2年 松戸市民会館にて当会主催の税金教室(お笑い税金オンステージ)博士に扮した皆川春安支部長が好評を得る。
平成4年 税理士制度50周年を迎え、6月に記念式典。
平成8年 松戸税務署開庁100周年を迎え記念講演会が行なわれる。
平成11年 会員数320名となり、県下トップのマンモス支部に。
新入会員のための相談室を設置。
千葉県税理士会の独立、分割の準備が進められる。
平成12年 IT化の波を受け、6月にインターネット教室開催。
平成13年 東京地方税理士会、千葉県会、松戸支部から 千葉県税理士会、松戸支部へ。
9月13日 松戸支部50周年記念式典。