医療法人 永寿会  福島病院
TEL: 06-6953-2940

新着情報

UCR(内視鏡用炭酸ガス送気装置:オリンパス製)の導入

 内視鏡で胃や大腸の中を観察する際、通常今までは、空気を入れてお腹を膨らましていました。しかし、その空気が結構後々不快感を残すということを聞きます。それらの解消のため、空気の代わりに炭酸ガス(二酸化炭素)を入れる装置ができました。炭酸ガスは腸管からの吸収が早く、お腹の膨らんだ感じがあまりありません。副作用もほとんどないようです。 (最近、よく腹腔鏡手術などに用いられています。)当院も※内視鏡新システム導入に伴い、この装置も導入しました。

 また、EVIS LUCERA上部消化管汎用ビデオスコープ(GIF−H260)と経鼻用(GIF−XP260N)、下部消化管汎用ビデオスコープ(PCF−Q260AI)も同時に導入しましたので、より高度で鮮明な画像を提供できると思います。

画像の拡大表示はコチラをクリックしてください