●東京都が都税クレジットカードお支払いサイトの利用を再開

東京都が都税クレジットカードお支払いサイトの利用を再開しました。受託事業者が講じたセキュリティ対策について安全性が確認できたとしています。

 

都民が自宅や会社のパソコンを使って、都税をクレジットカードで納付するときに利用する「都税クレジットカードお支払サイト」は、今年310日から利用が停止されていました。外部からの不正アクセスがあり、納税者のクレジットカード情報が漏えいする恐れがあったため、受託事業者が同サイトの利用をストップさせていたわけです。

 このほど、受託事業者がセキュリティ対策の強化と再発防止策を講じたことから、東京都では安全性を確認したうえで、同サイトの利用を424日に再開したとしています。

 受託事業者が実施したセキュリティ対策は、次のような内容となっています。

@   ソフトウェアの脆弱性について修正を行うとともに、サイト全体の安全性を総点検し、システム変更やサーバ監視体制の強化を行った。

A   カード情報やメールアドレスは、サーバ内に保持しない等の措置を講じた。

B   サイトの運用面においては、運用基準を見直し、危機管理体制を強化した。

東京都では「ご利用の皆様には多大なご迷惑とご心配をおかけしたことを深くお詫び申し上げます。今後とも、皆様に安心してご利用いただけるよう、クレジットカード納税の安全な利用環境整備に全力で取り組んでまいりますので、ご理解ご協力いただけますようよろしくお願いいたします」としています。