●都税クレジットカードお支払サイトが再開。被った被害は甚大

東京都が「都税クレジットカードお支払サイト」を再開しました。都税クレジットカードお支払サイトは、外部からの不正アクセスにより、平成29310日よりサイトの利用を停止していました。

 

都税のクレジットカード納付を行うための、受託事業者が運営している「都税クレジットカードお支払サイト」は、外部からの不正アクセスが発生し、平成29310日から同サイトの利用を停止していました。

その受託事業者が、セキュリティ対策の強化や再発防止策を講じたことから、東京都では、安全性を確認し、このほどサイトを再開いたしました。

再開日時は平成29424日(月)午前9時でした。

受託した事業者が実施した対策は以下の通りです。

・ソフトウェアの脆弱性について修正を行うとともに、サイト全体の安全性を総点検し、システム変更やサーバ監視体制の強化を行いました。

・カード情報やメールアドレスは、サーバ内に保持しない等の措置を講じました。

・サイトの運用面においては、運用基準を見直し、危機管理体制を強化しました。

なお、東京都では今回の不正アクセスによる被害の拡大を防ぐため、平成2741日から平成2939日までの間にクレジットカードで納税した人たちに、328日(火)以降個別に文書で事情報告をしています。

文書を送付した対象はクレジットカード番号、有効期限364,181件、メールアドレスは362,049件でした。