浄化槽,水処理,飲料水事業,プラント,貯水槽,産業廃棄物収集運搬,ブロー製品・ポリ容器販売のことでしたら,愛知県の有限会社 中部テックへお任せ下さい。

個人のお客様(浄化槽)

浄化槽の維持管理

浄化槽には定期的な保守点検が必要です。

浄化槽とは、微生物の活動を利用し、汚水を処理する装置です。
保守点検では、この微生物の量や酸素の量などを測定し、浄化槽が正常に機能する様に調整します。
また、送風機(ブロワ)やポンプなどの機器類を適切に保守する事で、故障を予防します。
これらが正常に機能しなくなる事で、悪臭や、衛生害虫が発生したり、騒音の原因となったりします。

環境ニュース」ページに詳しく掲載しております。

保守点検の流れ

点検

点検

槽内の状態をチェックします。
本体、配管、水位、臭気などの異常は無いかの確認を行います。

測定

測定

水質を測定します。
処理水の水質、消毒の状態、処理状況などを確認し調整します。

清掃

清掃

槽内を水洗浄します。
異常個所の発見や悪臭の予防、汚泥堆積状況の確認などを行います。

ブロワ

ブロワ

清掃・機能チェックを行います。
エアーフィルターの清掃や作動状態を点検します。

報告

報告

報告書を作成し結果をご報告します。
点検の結果から、現状のご説明と処置の内容、今後の対策・注意事項などをご説明します。
※点検報告書は、法律により3年間の保管が義務付けられております。
お問合せ